2017年8月21日月曜日

無欲でポチッと

◆8月21日(月) くもり

残業により、帰宅は21:00頃。

今日は、完全休養日です。

東京マラソンにエントリーしました!
先ほど完了です。

無欲でいきますw
無欲でポチッと。


自転車 14kmライド


SWIM 本日 0km/月間6.6km
BIKE 14km/229km
RUN 0km/102km

2017年8月20日日曜日

今月やっと

◆8月20日(日) くもり時々晴れ

豊栄走友会の練習会「岩瀬の清水キャノンボール」に参加です。

片道10kmの往復コース。
行きは、軽めにキロ6分ペースで前進。
帰りもジョグペースで行くつもりが、途中から頑張ってしまい、10kmを51分強。

脚が重く、前への推進力が全然ない。
おそらく、山行の疲労、昨日のゴルフの疲労が抜けていないんだと思います・・・

本日20km走り、今月やっと100km超え。

スイムもバイクもランも、今年の夏は全然が伸びません。。

岩瀬の清水

暑くて行きだけで十分

その後、胎内までバイク錬がありましたが、自分は緊急の仕事に対応できるように帰宅し、自主的に自宅待機。

現場を持ち、まさに会議をしている支社から、複数回電話をもらう。
待機は、大正解でした。


SWIM 本日 0km/月間6.6km
BIKE 0km/215km
RUN 20km/102km

全ては自分の

◆8月19日(土) 雨のちくもり

県内同業者によるゴルフ大会に参戦です。
場所は、紫雲GC。

私は、長岡、村上、五泉の方と同組。
もちろん「はじめまして」の世界です。

雷雨のため、20~30分開始が遅れる。

加治川OUTコースをスタート。
最初の3ホールは、1番ボギー、2番ダボ、3番パー、とまずまずの出だし。

7番を終わって、8オーバー。
余裕で40台だと思ったら、8番ダボ、9番トリで、49点。

危なかった・・・

後半に入り、10番パー、11番ボギー、12番ボギーと、まあまあの出だし。
16番を終わって、6オーバー。

残り2ホール。
余裕で40台だと思ったら、17番ミドルを9点、18番ロングを15点。

結局、後半は57点。

酷い。
余りに酷すぎる。

全ては自分の責任。
全ては自分がやったこと。

17番右ドッグのコースは、欲が出て林をショートカット気味に打ったら、林の中に入り、そこからリズムが崩れた。
18番はスライス、林から出ず、出しても夏の強いラフに負けて飛ばず、シャンクは出るし、バンカーからは出ない。

ゴルフはミスのスポーツというけど、これは許せない。
自分が許せない。


紫雲GC

これでは終われない。


SWIM 本日 0km/月間6.6km
BIKE 0km/215km
RUN 0km/82km

2017年8月19日土曜日

4種目

◆8月18日(金) くもり一時雨

ランは朝のうちにしかできないなと思い、5:00過ぎに起床し、5:30頃から走り始める。

東スポ往復+東スポ屋外14周、10kmラン。

ペースは、キロ5分20秒。

案外いいペースで走れました。


仕事終了後に、鳥屋野の水泳教室へ。
2週間ぶりです。
3回連続で休んでしまいましたが、泳ぐ順番はまたトップバッター。

教室前に500m泳ぎ、教室で1,000mほど。

合計 1,500mスイム


鳥屋野

一旦家に帰り、車を出して、ゴルフの練習へ。
明日は、県内同業者による年に一度のゴルフ大会です。

欲を出さずに行こう!!

山木戸

自転車 16kmライド

本日は、4種目。


SWIM 本日 1.5km/月間6.6km
BIKE 16km/215km
RUN 10km/82km

2017年8月17日木曜日

滑落すんなよ~

◆8月17日(木) くもり時々晴れ

今日まで、長い休暇をいただいてました。
永年勤続の特別休暇を絡めて、1年で一番仕事に影響が少ないであろう時期を考慮し、このお盆期間中にいただきました。
ちなみに、我が社は「お盆休み」という休みがありませんw

お昼頃から、ゴルフの打ちっ放しへ。
今週末に大会があるので、その対策です。

山木戸

その後に、東スポへ。

実に、先週水曜日から8日ぶりのラン。
トレミの上で走ります。

~3km 10km/h
~5km 11km/h

これを2セット走り、10kmラン。

途中フェマンさんが現れ、トレミの上でおしゃべりランになりました~。

東スポ

日本文理の惜しい試合を見た後に、ほんぽーとへ。

すると、職場仲間のレディ、二人と遭遇。
「そんな山に行って滑落しないでね」と言うので、「そっちも重要な立場にいるんだから、仕事で滑落すんなよ~w」という感じで返してやりました(笑)


さて、明日から社会復帰です!


SWIM 本日 0km/月間5.1km
BIKE 0km/199km
RUN 10km/72km

まずは

◆8月16日(水) くもり

まずは、疲労抜きと思い、新津にある日帰り温泉の花水へ。

温泉に行くと言うと、母が一緒に行きたいと、ついて来ましたw

花水

そして、山道具を整理したり、写真データを整理したり。

本日は完全レストです。

明日から徐々に動くことにしよう!


SWIM 本日 0km/月間5.1km
BIKE 0km/199km
RUN 0km/62km

北ア5日目(下山)

◆8月15日(火) くもりのち雨(北ア)

入山5日目。

双六小屋は快適で、自分が指定された部屋は5つの布団がある部屋で3人という贅沢さ!
5つの布団があるということは、最大収容10人部屋ですw
登山者が少なくて、よかったです!

偶然にも新潟の長岡から来たという人は、今まで日帰り登山の経験しかなく、今回初めての山小屋泊だという。
私、「これは帝国ホテル並みですよ」と教えますw
新穂高温泉から入り、どこにも登らず、双六小屋に一泊して下山するというからもったいないな~。

もう一人の厚木から来たという人は、折立から入って薬師岳、黒部五郎岳に登ってここまで来たとのこと。
こちらの方は大縦走で、本日新穂高温泉に下山。
私同様、今日が何日なのかわからなくなってきたそうですw

天気予報は午後から崩れる模様。

4:45行動開始です!

左に見えるはずの鷲羽岳は見えず

新穂高、笠ケ岳方面へ前進

双六小屋前のテン場

雨は降るか降らないかギリギリのところ

弓折分岐を下り、小池新道を通ります。

ここから稜線を外れ、ぐんぐん高度を下げます。

眼下に鏡平山荘が見えてきた

鏡平山荘到着

鏡平池
晴れていれば、目の前に槍が見えるんだけどな~

秩父沢出合

林道までは、すぐそこ

林道を歩いて、わさび平小屋到着

登山指導センターに無事到着!
下山届を提出します


 
しかし、ここから鍋平まで、もう一山(笑)

駐車場到着

無事に駐車場に着きました~。
帰って来た~!


【コースタイム】
双六小屋4:45発
鏡平小屋6:10
秩父沢出合7:25
わさび小屋8:25着、8:40発
登山指導センター9:40着
鍋平駐車場10:40着


さー、風呂、風呂!(笑)

新穂高温泉ひがくの湯へ

飛騨牛カレーと飛騨牛コロッケ

いいポスターだね

岳のポスターも!

鉄道模型のジオラマもw

ひがくの湯を出ると、雨が降っていました。
ちょうどいいタイミングで下山することができました~。


帰りは、富山経由で新潟へ向かいます。

親不知付近を通過中
海はでかいな~!w


5日間の山籠もりで、今日が何日なのかわからなくなり、また世の中の動きもまったく不明。
高速のSAで日の丸が半旗になっているのを見て、何かあったのか?と思ってしまいました。

そうか、今日は終戦記念日だった。
戦場に行った人たちは、死ぬか生きるかの中で何年も山中やジャングルでの生活。

今の自分は、好き好んで山籠もり5日間。
今ある平和の尊さに思いを新たにし、心がジーンと熱くなりました。


そして、孤独、充実の中で時間を過ごしても、ふと多く頭に浮かんでくるのは、家族の顔であったり、仲間の顔であったり。

生きている素晴らしさを改めて教えてもらった気がします!
ありがとう!!!


さぁ、家に帰ろう。

家に帰るまでが、山行だ。


最初に見る顔は家族だと思ったら、米山SAで声をかけられ振り向くと、潟鉄の女王なおクジラがサイクルジャージで登場。
ナニ~、高速を自転車で来たのか?と思わせるような恰好ではないかw

聞くと、ジロ・渋峠を天候不良により不発で帰ってきたとのこと。
その後に、同じく渋峠不発のorzのF田さんもやってきた。

二人とも、昨日の間瀬耐久の後に今日は渋に参戦予定だったと。

しばし、おしゃべり。

まさか、最後にこんなオチがあったとは・・・

やっぱり、仲間っていいな!(笑)

北ア4日目(黒部五郎岳)

◆8月14日(月) 晴れのちくもり(北ア)

入山4日目。

あ~、風呂に入りたいw

今日の行程は、黒部五郎岳にピストンで登り、明日の下山に向けて双六小屋まで。

4:45行動開始!

まだ薄暗い中、ヘッドライトを照らしながら森の中の登山道を前進します。

大きいザックは小屋に置き、サブザックで。
あ~、身が軽い。

開けたところで、黒部五郎が見えた

奥の山です

この付近で、ツェルトを片付けている女性がいました。
昨夜ここで過ごしたのかと聞くと、明るいうちに小屋まで辿り着けずにここでビバークしたとのこと。

さぞ、心細かっただろうな~。

時間配分を間違えたのか、体力的に動けなくなったのか・・・

山では全て自己責任です。

しかし、この方はツェルトを持っていたので、大正解ですね!
暗い中、むやみやたらに動かなかったことも、素晴らしい判断です。

振り返ると、陽が登ってきた

黒部五郎のカールの中を進む

標高を稼ぎ、山頂へ

槍と穂高が見えてきた

今日も槍を拝めました!

肩に着くと、加賀白山

黒部五郎岳山頂(2840m)

左から笠ケ岳、乗鞍岳、御嶽山

左から薬師岳、剣岳、立山、
奥には白馬岳、右は赤牛岳

左に水晶岳、右に鷲羽岳
昨日はこの稜線を歩きました
中央は雲ノ平

雲が次から次に流れ、槍・穂高方面は見えたり見えなかったり。

山頂には30分ほど滞在。
ここは北アルプスの最深部!

感動~!!!

いくらここにいても飽きない気がするw

といっても、時間も気になるので、下山開始。

下りの最中

左下に小さく黒部五郎小舎が見えてきた

ズームするとよくわかります

ゴーロがゴロゴロ
(という言い方をするのだろうかw)

黒部五郎小舎

もうすぐ小屋に着くというところで、救助ヘリが間もなく来るということで足止め。
小屋のスタッフさんから、これ以上進まないようにと行動停止を求められます。

聞くと、腰を痛めて動けない登山者がいるとのこと。
こういうことはよくあるのかと聞くと、先日は脚を骨折した登山者をヘリが搬送したそうです。

実は救助ヘリが来ることは、すれ違った複数の登山者からも事前に情報を聞いていました。

しかし、5分、10分、何分経ってもヘリが来ない。
時間を無駄にしたくないな~。

すると、遠くからバタバタバタと音がして飛んできた。

救助ヘリ

小屋の前の草原に着陸します

その後、要救助者をヘリに乗せて、また北アルプスの空をバタバタバタと飛んでいきました。

この間、20分のタイムロス。

小屋に着くと、スタッフさんたちが、屋外用のテーブルを出したり、椅子を出したり、玄関前を掃いていたりと、ヘリのプロペラの猛烈な風圧を受けた後の作業をしていました。

ヘリが来ると大変だな。

ちなみに、今回はヘリは着陸しましたが、荷揚げの場合はホバリングだそうです。


そして、何事もなかったような静寂が訪れます。

小屋の前にあったリンゴが美味しそうだったので、思わず購入。

350円なりw

黒部五郎小舎の玄関前で

ここから三俣・双六方面へ

ありがとう、さようなら~

昨日閉口した三俣蓮華岳の尾根からの下り坂を、こんどは登り返し。

すれ違う人から、小屋はまだですか?と聞かれ、まだずーっと下りますよと答えます。
みんな思いは同じだなw

三俣蓮華岳の尾根に取り付き、前進。
山頂はガスってるので、山頂直下の分岐で双六方面へショートカット。

双六方面

双六岳に向かう稜線を歩いていると、丸山付近で・・・

ライチョウに会えました!

ガスって展望の効かない双六岳には登らず、分岐から中道ルートで双六小屋に向かいます。

中道ルートを振り返る
ここもそれなりに軽いアップダウンw

双六の巻道分岐を過ぎ、最後の下りです。

双六小屋が足元に見えてきた

双六小屋到着
本日の無事を祝ってカンパーイ

【コースタイム】
黒部五郎小舎4:45発
黒部五郎岳6:30着、7:00発
黒部五郎小舎手前(救助ヘリ足止め)8:40~9:00
黒部五郎小舎9:20発
三俣蓮華岳直下(双六分岐)11:30
双六小屋13:30着